まちのえき

乳がん術後ケア体操

まちのえき: ST-19

乳がん術後ケア体操 インストラクター 砂流りか

 

¥1,500

【経歴】

3歳よりモダンバレエを習う 柿沢やすみ師に師事
多摩美術大学附属多摩芸術学園演劇科卒業 ジャズダンス、マット運動を習得
新橋演舞場を中心に時代劇、ミュージカルなど多数出演
結婚、出産と同時に同居の義父が心筋梗塞に倒れ、介護がスタート。
27年目の介護生活を継続中 義父の機能改善のため介護予防運動指導員の資格を取得
また我が子の発育、発達のために親子体操指導員の資格を取得
介護と育児と継続しつつ運動指導員に従事

2019年12月 自身が乳がんに罹患していることを知る
2020年3月 全摘、及び再建手術を行う
医師からのサポートを受け、乳がん術後ケア体操を開発
自身の予後の良いことから患者向けの体操の普及活動を行っている

【資格】

・日本コンディショニング協会インストラクター
・健康イス体操認定インストラクター
・介護予防運動指導員
・JKFA公認キッドビクスインストラクター
・認知症予防ファシリテーター
・青竹ビクスインストラクター
・女子栄養大学食生活指導士
・音楽レクリエーション指導士
・普通救命講習Ⅰ

【プロフィール】

【乳がん術後ケア体操とは】

乳がんに実際に罹患し、術後に担当医と確認しながら不調を改善していった体操です。

もし、私と同じように乳がんを体験した方が
現在、お困りの不調があるとしたならば
その不調は手術や抗がん剤治療によるものなのか
または姿勢などからくる整形外科的な問題なのか
そこを見極めるのがひとまずの大切なポイントではないかと思います。
私自身が体験したことを、一人でも多くの乳がんを体験された方にお伝えしたいと思います。
穏やかな日常を、一緒に取り戻しましょう。

 

【乳がん術後ケア体操ができた経緯】

私の乳がんが確定した時、周囲から聞こえてきたのは 「手が上がらなくなるらしいよ」「もう、ダンスは踊れないかも」 というものでした。
しかし、担当医に確認すると「現在の術式では 筋肉を切ることはほとんどなく、手も上がるようになる。しかし 皮膚がやや引き伸ばされて縫い合わさっているので、皮膚の痛みと 緊張により腕を上げるという簡単な動作が困難になります。」とのことでした。
治療がスタートした直後の私は、正しい情報の検索力もあまりなく、 痛みのない、自由に動ける体に戻れるようになる「リハビリプログラム」 を見つけることができませんでした。

のんびりしている時間はない。
できれば手術の後、間髪入れずに運動を始めた方がよい。
長年、運動指導者として過ごした自分の「カン」が、そうささやいていました。
そこで担当医に切除する部位を確認し、 その部位に対して自分なりに運動を処方することにしました。
その運動の実施タイミングについても、その都度、担当医に確認しました。
実際に体験した手術の経過は、イメージよりもはるかにハードで 術後には、胸周りに強いこわばりを感じました。
私の再生プログラムは、担当医と確認しながら、体が硬くなりすぎないよう、パジャマの上から必要な部位をさすることからスタートしました。

穏やかな運動がスタートです。リンパの流れも良くなります。 術後3日目のことでした。
一年後に再建手術が行われます。この時も、どの部位をどのように処置するのか
一つ一つの筋肉と血管、筋膜の確認をし、自分自身に運動の処方をしました。
内容を担当医に確認してもらったところ、OKが出た種目と「現段階では 体の負担が大きい。もう少し時間がたってからの方が良い。」という種目に ふるいわけられました。
再建手術終了後、事前に精査し 用意していた運動プログラムを医師の許可のもと実施しました。
また、病院のベッド上の座位、サイドテーブルにつかまりながらの立位の運動の フォームについても、術後患者として無理がないか、医師の目視による確認を 得ました。
こうして誕生したのが「乳がん術後ケア体操」です。

私自身が経験し、感じたことを患者様、ご家族様、そして関係者ではないけれど、乳がんについて知りたい方。
無料相談を行っております。よろしければ、下記フォームよりご連絡下さい。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

会員特典内容

パーソナルトレーニング料金(無料カウンセリング付き)
 30分 通常価格3,500円
   ▶︎会員価格1,500円

 60分 通常価格4,500円
   ▶︎会員価格2,500円

グループレッスン(3名1グループお一人様当たりの価格)
 30分 通常価格 1,500円
           ▶︎会員価格 700円

 60分▶︎会員価格 1,000円

カウンセリング

 

レッスン種類:
分数:
量:
 

最近見たページ